理事長挨拶 President

 私は、平成28年11月10日中国西安で開催されました第43回日本脳科学会理事会にて、森則夫前理事長の後任を仰せつかりました、千葉大学の伊豫雅臣と申します。私は森則夫前理事長にご推薦いただき平成9年に入会し、平成17年には第32回を千葉市幕張で開催させていただいております。

さて、21世紀は「脳の時代」または「脳とこころの時代」と言われております。人間の脳を人間である我々がどこまで理解できるのか、そして、それにより人類の幸福にどこまで貢献できるのか。まさにそれにチャレンジしているのが脳科学だと思います。この日本脳科学会はGABA・GABOBおよびその関連物質研究会(昭和34~48年)と日本条件反射学会(昭和34~48年)を母体とした脳研究会(昭和49~平成6年)を前身とした、伝統ある学会であり、さらに現在も発展を続けている学会でもあります。

また、本学会では早くから若研究者奨励賞を設置し、若手研究者を大事にしてきている会です。さらに、脳神経科学に携わる基礎医学系や臨床医学系、薬学系、工学系など多分野の研究者、そして若手の研究者からまさにリーダー的な研究者が一同に集い、交流を温めながら、脳科学について語り合う、本当にすばらしい会です。近年では、森則夫前理事長のご高配により、臨床心理学、教育学、社会学・社会福祉学、保健・看護学の研究者の方など、脳と心と社会に関係する研究者も数多く参加するようになり、ますます発展してきております。

このように素晴らしい学会の理事長という大任は、私には大変重圧であり、どこまでご貢献できるかという大きな不安があります。しかし、皆様のご支援を頂きながら、脳科学について多分野で楽しく語り合える会を支える者として努力していきたいと存じます。是非、ご興味のある方はご入会下さい。そしていっしょに脳について語り合いましょう。

平成29年1月吉日
千葉大学大学院医学研究院 精神医学教授
日本脳科学会 理事長
伊豫雅臣